冬の北海道の景色やイベントを楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。
そして、便利なレンタカーで回るという観光客も多いのです。
とはいえ、季節は冬。
気をつけていただきたい「冬の北海道のドライブポイント」について見ていきましょう。

■代表的な冬の現象

まずは「ブラックアイスバーン」です。
一見すると分からない道が凍っている状態です。
レンタカーで走る際には、アイスバーンですと、ブレーキを踏んでも止まらない状態となっているため、スピードには気をつけること・車間距離をしっかりととることをおすすめしたいと思います。

見分けがつかないことから、外気温を基準にしていただくと良いでしょう。
一般的にはマイナス3度を下回るとその危険性があるといわれています。

■視界をさえぎる現象

次に「ホワイトアウト」です。
映画などで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
これは、吹雪によって全く前が見えなくなる状態をいいます。

道路も全く見えませんし、対向車線も見えません。
ちょっとした外出と思ったとしても、このような状態のタイミングでレンタカーを運転されることはおすすめできません。
吹き溜まりが出来てしまうことも多く、身動きが取れなくなるというケースも実際にあるのです。

■除雪をしている道でも気をつけよう

北海道は除雪を施している道も多いのです。
峠においても、除雪が行き届いているところも多いのですが、路面は凍りやすい状態です。
危険度としては低いのですが、十分に気をつけて運転をしましょう。
とくに「くだり」は要注意です。

■安全運転で楽しもう

北海道をレンタカーで楽しむためにはやはり、運転における要注意ポイントをしっておくのがそのコツでもあるのです。

関連する記事


雪と遊ぶ北海道で童心に返ってみよう 北海道をレンタカーを使って楽しむメリットとは